×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

桜絵とは

桜絵って日本の花とあって、何から何まで種類が余りにも多く出回っているようです。先ず、桜絵の創作陶器の贈り物プレゼント・一里フリーカップ・桜「一里・手作り」手彫りで、色の陶土に白化粧をかけ桜の花びらを一つひとつ手彫りした桜絵です。桜の花びらを一枚づつ手作業で、ソフトな桜絵に仕上げています。シンプルなデザインですが、いろいろと使える、飽きのないカップの定番です。その外、和服の装いにも桜絵を手がけてしなやかな表情を見せる枝垂れ桜が全体に描かれて、可憐に美しく、淡い紅藤色の枝についた、たくさんの白い桜は日本人の私達には、本当に癒されて心和む桜絵です。そして、合間にぽんぽんと置かれた金茶色の桜が華やかな桜絵を描き出しています。

桜絵の種類

桜絵の中には、本当に色々とありますが特に多いのが、和の食器つまり桜絵のお茶碗類でしょう。湯呑み・吸出・茶托等和食器の工芸店へ行くと良く見られるものです。桜絵の素材はブラジルコットンを使用したフライスを使用してアメリカのビィンテージTシャツを思わせるような糸のムラ感からでる生地表面のラフ感が桜絵の、特徴となっています。桜モチーフのプリントは桜絵モチーフ的にはリードですが、あえてシワの加工を施して鈍く光った箔が桜絵ラグジュアリー感とビィンテージ感をプラスしています。それから、桜絵の山水絵のぐい呑(三つ足型)は有名な商品です。ぐい呑みにも様々な形がありますが、ろくろでひとつずつ手作りして淵を手でなふった器です。高台も三つ足型にして、形状にアクセントをつけています。絵柄も桜尽くしのものと、あっさりとした山水絵を描いています。どれをとっても素晴らしいものばかりでため息が出ます。

桜絵の紹介

桜絵でつまり陶器といえばかの有名な有田焼ですが、桜絵・有田焼陶芸家・藤中錦彩作・染錦プラチナ彩桜絵盃は美術陶芸ギャラリーをのぞいて見るとお判りだと思います。有田焼伝統工芸士・江口矢童作の染錦桜絵焼の花瓶は、日本舞踊に欠かせない舞扇は実に優雅で美しいものであります。染錦桜絵の花瓶は、有田焼の伝統と風格を受け継いだ味わいのある花瓶です。新築などのお祝事や、オフィス、お店の飾りとして落ち着いた風情を醸します。さらに、桜絵・豪華にして緻密な手法で一枚一枚の、金箔を張り合わせた豪華さを感じる作品です。本物ならではの豪華さと気品をもった本作品は、桜絵金箔押額皿は見ごたえのある一品といえます。その他、桜絵には、蓋付丸型珍味入れや、同じく桜絵のたたら7寸ボールなど手作りの商品ばかり揃っています。ウットリ見とれてしまいそうですね。

Copyright © 2008 桜絵が優れている理由!!